リィラの音楽時間

高木リィラのブログです。太鼓、マリンバ、ヴィブラフォン、パイプオルガンなどの演奏活動のほか、広島で「リィラ音楽教室」を開いています。「Leela(リィラ)」とは、サンスクリット語で「神の遊び」「宇宙的な戯れ」などを意味します。

<クラシック音楽をより深く味わう会>ご報告♫

 2017年11月12日(日)で、<クラシック音楽をより深く味わう会>(@天行院 in 広島)を開催しました。

 

f:id:LeelaTakaki:20171113134848j:plain

 

 音楽における上下、左右、前後を感じるという、建築的、空間的、触覚的な音体験としてのヒーリング・サウンドのメソッドは、これまで何気なく聴いていたクラシック音楽の本質的な部分をクローズアップすることで、より意識的に聴けるようになり、聴くことが楽しくなる体験であったと思います。


 先日のことですが、今回ご紹介したマナについて、参加者ではない方に概要を説明したところ、「その話はすごく面白いので、コンサートの前にお客さんに少し話すといいのではないですか」とのアドバイスを受けました。


 ちょっとした「聴き方」のコツをお話しするだけでも、音楽を聴くという行為が粒子的にほどかれ、よりエクスタティックな体験になるのは間違いありません。

 

 以下に、参加者の方々によるご報告を掲載させていただきます。

 

 <クラシック音楽をより深く味わう会>に参加させていただきました。

 リィラ先生のご指導をいただくうちに、音楽がどんどんクリアーで立体的に変化していきました。

 特にピアノの演奏を通じ、音の奥行きを縮めたり拡げたりされた時は、平面的な絵画が3D映像に変化していき、複雑な建築物の中に入り込んでいくような感覚がありありと生じるほどでした。

 また、ヒーリング・アーツ※で自律運動に身を任せつつ音楽を聴かせていただくと、身体の中を上下、前後左右、流体的に音が流れていくような感覚に身体が突き動かされていきました。

 音楽鑑賞というと、その善し悪しを外側に求めがちですが、自身の内面が変わることで非常に奥深い音の世界が拓かれることを実感しました。

 新曲『Terra(テラ)』もお披露目していただき、素晴らしい楽曲で大変充実した時間を過ごさせていただきました。

 この度はまことにありがとうございました。

 <神奈川県・佐々木亮様>

 

 クラシック音楽が建築物等に例えられるように、立体的な構造をしていることを実感的に体感することをテーマとして開催された今回のイベントで、音楽的に上下(高さ)・左右(幅)・前後(遠近)というものがどうあらわされているかをヒーリング・アーツで開かれた耳で聴き、実感することができました。

 私自身はクラシックというと、その良し悪しも分からない小学生時代に音楽の授業で義務的に鑑賞する体験があり、そこで退屈で面白くないものとして刷り込まれたところからスタートしているという不幸な出会いから始まってしまっています。

 そのため、後々個別の楽曲に対して好きになるようなものがあったとしても、歴史があり高度に発達しているという理屈はともかくジャンル全体の印象としてはあまり良くなかったわけですが、今回のイベントではクラシック音楽の深みや表現の大きさが実感でき、クラシックとそれ以外のジャンルの音楽との違いも体感的に理会できてとても面白い体験でした。

 完全初公開の新曲『Terra』も披露され、充実した時間を過ごすことができました。

 <山口県・道上健太郎様>

 

 クラシック音楽の新しい聴き方を学び、ヒーリング・アーツとのクロスオーバーをすることで、全身の細胞が音楽と一緒に天行院の空間を舞うかのような、素晴らしいたまふり感覚を味わえました。

 <愛知県・水野幸司様>

 

 

 今回発表したオリジナル曲『Terra』は、ヴォイスとカスタネットを電子音にクロスオーバーしたものです。

 Terraとは、ローマ神話における大地の女神の名です。

 

 私の創作活動における根源的なテーマのひとつが、「女神」です。

 女神とは、ある特定の宗教における女神ではなく、もっと根源的な、女性性、女性原理(受容性、母性など)の象徴としての女神なのです。

「女性的なるもの」がさまざまな形で花開いた象徴としての「女神」とは、女性にとっては究極の可能性であり、Terraは、私たち人間が最後に還ってゆく大地、懐に抱かれて眠るべき場所の象徴であるといえるでしょう。

 

※ヒーリング・アーツとは、心身を統合し、開かれた感性、健やかな精神、フレキシブルな身体能力を養うことのできるメソッドです。

 私(高木リィラ)が理事を務める<NPO法人ヒーリング・ネットワーク>では、ヒーリング・アーツの普及活動を行なっております。

healing-network.or.jp