読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リィラの音楽時間

高木リィラのブログです。太鼓、マリンバ、ヴィブラフォン、パイプオルガンなどの演奏活動のほか、広島で「リィラ音楽教室」を開いています。「Leela(リィラ)」とは、サンスクリット語で「神の遊び」「宇宙的な戯れ」などを意味します。

221ホール 〜松本律子 × 高木リィラ コラボレーション・ライブ "Live Now" 会場〜

今年6月23日(金)に開催する、

松本律子さんとのコラボレーション・ライブ、”Live Now”

 

会場探しにあたって、

律子さんと、メールで以下のようなやり取りをしました。

 

ライブハウスのようなところだと、マリンバの音が吸われてしまって、あまり響かないので、やっぱり、マリンバや生楽器の響く会場がいいかと思っています。

ホールだとお客様との距離が遠いので、理想としては、聴衆の方々との距離がほどよく近い、箱のような空間で、生楽器の音が響くところ・・・。音楽室のようなイメージ?

(高木リィラ)

 

 

音楽室のような空間。そして生音が生きる。

いいと思います。

 

平土間でお客さまと距離が近いのがいいですね。

ライブ感たっぷりの、ふか〜い空間。

(松本律子)

 

どんな会場がいいかと探してみると、

以外と広島には、最適な会場がないことに気づきました。

 

「音楽スペース」でネット検索すると、

関東や関西はたくさんヒットするのですが、

広島では一件もヒットせず・・・。

 

ライブハウスはたくさんあっても、

生楽器の音が活きる空間が、あまりないのです。

 

ホールは舞台と客席が完全に分かれてしまっており、

お客様との一体感がないし・・・。

 

そんな中、理想的な空間を発見!

 

それが、今回のライブ会場「221ホール」だったのです。

f:id:LeelaTakaki:20170307214823j:plain

 

外観はコンクリートの打ちっぱなしの箱のようなビルで、

1Fのインテリアルームは、沖縄の作家・稲嶺清吉氏の

琉球泡ガラス」の作品が所狭しとならんでいる、

おしゃれなお店です。

 

f:id:LeelaTakaki:20170307214949j:plain

 

稲嶺さんの作品は、私も夫も大好きで、

我が家にもたくさん、コップやお皿、花瓶などがあります。

f:id:LeelaTakaki:20170307215024j:plain

 

そして2Fにあるのが「221ホール」。

f:id:LeelaTakaki:20170307215736j:plain

 

脚を踏み入れた瞬間から、素敵な雰囲気。

こんなところで演奏してみたい!

とワクワクしてきます。

 

トイレの洗面台に使われているのも、

特注されたという稲嶺さん作、琉球泡ガラスの洗面ボール(可愛い!)。

f:id:LeelaTakaki:20170307215756j:plain

 

しかもトイレはバリアフリーで、どなたでも使いやすい、

優しい設計になっています。

 

何ともこだわりのある、私的には理想的な空間です。

 

この「221ホール」で今月23日には、葉加瀬太郎さんのツアーにも参加されているマルチプレイヤー、啼鵬さんをお迎えしてのライブがあります(私も聴きに行きます^^)。

 

lifeone-music.com

 

どんな響きなのか、じっくり、聴いてまいります。