リィラの音楽時間

高木リィラのブログです。太鼓、マリンバ、ヴィブラフォン、パイプオルガンなどの演奏活動のほか、広島で「リィラ音楽教室」を開いています。「Leela(リィラ)」とは、サンスクリット語で「神の遊び」「宇宙的な戯れ」などを意味します。

『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』を読んで

夫に勧められて、

『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』を読みました。

f:id:LeelaTakaki:20170106210333j:plain

 

全国の書店で1位を独占したというこの本の著者・二宮敦人さんは、

一橋大学卒の作家で、

奥様は現役の藝大生(美術学部彫刻科)だそうです。

 

その奥様があまりに面白いため、

藝大に興味を持った二宮氏が、

藝大に潜入して藝大生たちにインタビューするという趣向なのですが、

 

藝大を卒業した私自身にとっても、

今の藝大の様子はすごく面白くて、

一気に読み進めることができました。

 

音楽学部には、私がいた頃にはなかった、

「音楽環境創造科」という科が2002年に誕生したそうです。

 

今、私が藝大に入るとしたら、絶対、この「音楽環境創造科」を

受験するでしょう。

 

具体的には、

・ 音楽や音響に関する研究

・ 映像、身体、言語、空間、メディアなど、音楽に隣接する表現分野の研究

・ コンピュータによる音響作品の創作や、映像、身体表現、メディアのための音楽制作

・ アートマネジメントや文化社会学、文化研究

 

などを勉強するそうです。

すごく面白そう!

 

・・・・・

 

音楽メディア「スタジオラグへおこしやす」へ寄稿した記事が、

おかげさまで月間アクセス数5位になりました!

www.studiorag.com

 

体の使い方を正しくすることは、

楽器の演奏法を正しくすることに直結するので、

本気でミュージシャンを目指す方々にとっては

非常に有益な情報です。

メディテーション・ライブVol.1の予告その1

2017年2月12日(日)に開催する

メディテーション・ライブでは、

 

昨年11月に開催した<音遊びコンサート>で

初お披露目した新曲『Fireworks(ファイアワークス:花火)』

ニューアレンジにも挑戦します。

f:id:LeelaTakaki:20170102224111j:plain

↑宮島の花火大会で撮影した花火。シャッタースピードを遅めにしたら、不思議な軌跡が撮れた。

 

『ファイアワークス』は、基本的にヴィブラフォン・ソロの曲なのですが、

メディテーション・ライブでは、

ヴィブラフォンに電子音をからめたら、どんな風に曲調が変化するのか?

というところを参加者の皆様に体験していただこうと思います。

 

温かい音色が人気のマリンバでは、

バッハの無伴奏チェロ組曲から、

これもまた人気の曲、

『第1番ト長調 前奏曲を演奏します。

この曲は「新世紀エヴァンゲリオン」などのアニメや、

ドラマなどでも使われました。

 

無伴奏チェロ組曲は、単旋律の曲で、

つまりメロディーしか存在しない音楽なのですが、

なぜ単旋律でここまですごい音楽になってしまうのか、

バッハの凄みを見せつけられるような曲なのです。

 

さらにさらに・・・

ヴィブラフォンの弾き語りで

『1万回の「愛してる」を、あなたへ』もやろうかな〜・・と

思っております。

 

オリジナル・バージョンも先日、YouTubeにアップしましたので、

ぜひお聴きくださいね ♪


1万回の「愛してる」を、あなたへ /高木リィラ Leela Takaki

 

メディテーション・ライブの参加お申し込みはこちらからどうぞ!

www.kokuchpro.com

メディテーション・ライブVol.1 (主催:高木リィラ)開催のお知らせ♪

音楽を構成する要素である

拍子、リズム、メロディー、和音・・・

などを、

 

一端解体し、

ひとつずつ分解して聴くと、

 

それまで聴き取れていなかった音が

はっきり聴こえるようになります。

 

オーケストラの楽器の

それぞれの音を細かく聴き分けられる

指揮者のような耳を

誰もが養うことのできる

「クロスオーバー・リスニング」というメソッドを

ご紹介します。

 

  •  課題曲(予定)
  •  バッハのオルガン曲
  •  愛の捧げもの
  •  アポロンの巫女 ほか

 

■日時

 2018年2月12日(日)

 13:00~15:30

 お茶と歓談 15:30~16:00(参加は任意)

 

■参加費

・一般:3000円

・リィラ・ミュージック・メンバーズクラブ会員:2500円

・ヒーリング・ネットワーク会員:2500円

 

leela.themedia.jp

 

■場所

広島県広島市佐伯区 天行院

 

■講師

高木リィラ

 

■備考

動きやすい服装とタオル、ミネラルウォーター等の飲み物をご用意ください。

 

↓以下のサイトより、簡単に参加お申し込みいただけます。

www.kokuchpro.com

 

■お申し込み方法

こくちーずのサイト、またはleela@megami-net.comまで、お名前、ご住所、お電話番号を明記の上お申し込みください。折り返し、場所などの詳細をご返信いたします。Facebookのメッセージからも受け付けております。

高木美佳(高木リィラ)Facebookページ

https://www.facebook.com/profile.php?id=100006780398237

クリスマスにはやっぱり、オルガン! バッハの「主よ、人の望みの歓びよ」

もうすぐクリスマスですね!

 

この時期になると、なぜかオルガンの音色が聴きたくなるのは、

私だけでしょうか・・・?

 

皆様への感謝を込めて、

リィラ音楽教室のオルガンで、

バッハの『主よ、人の望みの喜びよ』を弾いてみました。

 


主よ、人の望みの喜びよ BWV147 Herz und Mund und Tat und Leben オルガン/高木リィラ

 

日本語の題名

『主よ、人の望みの喜びよ』というのは、

意味がよくわからないタイトルですが、

正しくは『心と口と行ないと生活もて』と訳されます。

 

英語の間違った訳を、そのまま日本語にしてしまったために、

このような妙なタイトルになってしまったそうです。

 

f:id:LeelaTakaki:20161215201843j:plain

 

↓スタジオラグへおこしやすに、新しい記事を寄稿させていただきました!

www.studiorag.com

 

マリンバと電子音のクロスオーバー作品『サウンド・マナ "b" 超意識のダンス(音楽/高木リィラ)』の特設ページです。

leela.themedia.jp

 

↓『主よ、人の望みの喜びよ』も入ったCDです。

megami-marche.net

<音遊びコンサート>ご報告 〜「聞く」と「聴く」違いとは?〜

本日、<音遊びコンサート>が無事終了しました!

 

ところで皆さんは「聞く」と「聴く」の違いをご存知でしょうか?

 

「聞く」は、「人の話を漠然と聞く」ことを意味し、

「聴く」は、「相手の話に真剣に耳を傾け、理解しようと務める」ことを意味します。

 

今回のコンサートでは、音楽をたんに受け身で「聞く」のではなく、

積極的に「聴く」行為へとバージョン・アップするための方法をご紹介しました。

 

音は耳で聞くだけではなく、全身で聴く(=触覚的に感じる)ことができます。

 

映画『禁じられた遊び』のメインテーマ曲(愛のロマンス)の作曲・演奏をしたスペインのギタリスト、ナルシソ・イエペスがギターを演奏すると、背骨がビリビリ振動しているのが外側からもハッキリ感じ取れたそうです。

 

今回ご紹介したのも「音が背骨に響く」ようにするために、背骨に沿った筋肉を活性化する方法です。

 

これによって、背骨が柔らかく柔軟性を取り戻し、音を感じ取る感覚器官の役割を果たすようになります。

 

マリンバの音が、背骨に沿ってコロコロ転がるような感覚が味わえます。

f:id:LeelaTakaki:20161106211409j:plain

 

そして、「耳そのものを活性化する」方法。

 

耳の立体模型をみていただき、外耳と内耳の構造、三半規管の形などを確認していただきました。

 

さらに、耳介や耳たぶ、耳の裏側などに温熱刺激を与えることで、アンテナのように集音する機能を高めます。

 

参加者の方々の右耳に温熱刺激をすると、右耳からより音が入ってくるのをありありと感じていただけました。

 

両耳に施術をした後、新曲『Fireworks(花火)』をヴィブラフォンでお披露目しました。

f:id:LeelaTakaki:20161106211439j:plain

 

さらに背骨を柔軟にする体操を皆で行なった後、

バッハのオルガン曲『トッカータとフーガニ短調』を演奏。

 

開かれた背骨に重低音がビリビリ響きます。

f:id:LeelaTakaki:20161106211508j:plain

 

引き続き、ピアノでシューマンの『トロイメライ』。

f:id:LeelaTakaki:20161106211528j:plain

 

最後に、掌(てのひら)を活性化させるために両手を打ち鳴らしたり、振りほどいたりした後、

 

ロータス・タンバリンの即興で幕を閉じました。

 

タンバリンのような打楽器の音は、手が柔軟だと掌に振動を感じられるのです。

 

ちなみに、ロータス・タンバリンは、腕や指を螺旋状に回転させることで、瞬間的に大きな音を響かせることができるようになります。

 

人間の動作は螺旋的な動きを基盤にしていることが、ロータス・タンバリンの演奏でよくわかるのです。

f:id:LeelaTakaki:20161106211814j:plain

 

演奏者から聴衆へ、という一方通行ではなく、

相互のコミュニケーションがある参加型のコンサートとしての試みでした。

 

次回は、さらに新しい趣向をこらして開催したいと思います。

 

参加者の皆様、ありがとうございました!

 

☆☆☆リィラ音楽教室では、パイプオルガン、マリンバヴィブラフォンロータス・タンバリン、ピアノなどのレッスンを開催しております☆☆☆

megami13.wixsite.com

音遊びコンサート 〜高木リィラ〜

2016年11月6日(日)の午後13:30~

広島市佐伯区で開催する

<音遊びコンサート>のお知らせです。

 

f:id:LeelaTakaki:20161020170650p:plain

 

演奏プログラム

J.S.バッハ トッカータとフーガ ニ短調 /パイプオルガン

J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番より/マリンバ

シューマン トロイメライ(ピアノ)

◎ファイア・ワークス(作曲 高木リィラ) ヴィブラフォン・ソロ

ロータス・タンバリン 即興

◎フィンガー・シンバルによるリズム表現

◎O dea ~女神讃歌~(作詞作曲 高木リィラ)/ピアノ弾き語り

 

トッカータとフーガ ニ短調 /パイプオルガン

パイプオルガンの名曲中の名曲、バッハの「トッカータとフーガ ニ短調」。数あるオルガン曲の中で、抜きん出て素晴らしい曲を残しているのは、やはりバッハではないでしょうか。

オルガンという楽器を知り尽くした完璧な曲の構成。

1曲1曲が個性豊かな芸術作品として、燦然(さんぜん)と輝いています。

オルガニストは、「結局、最後はバッハに戻ってくる」という方が多いですが、バッハの曲は、あまりの素晴らしさに「演奏しながら感動している」というのが実際のところです。

 

無伴奏チェロ組曲 /マリンバ

バッハの「無伴奏チェロ組曲」は、チェロ奏者のバイブルとも言われる名作。マリンバ奏者にとっても、必ずといってよいほど通る道でもあります。

単旋律(メロディー)だけで創られているとは思えないほど、豊穣な世界が広がっています。単旋律だけで名曲を創れるバッハは、やっぱり天才!

 

トロイメライ /ピアノ

シューマンピアノ曲トロイメライ」。トロイメライというのはドイツ語で「夢のような」「夢想」といった意味だそうです。タイトルの響きが素敵です。

 

Fireworks ~ファイア・ワークス~ /ヴィブラフォン

ヴィブラフォン・ソロの「ファイア・ワークス(Fireworks:花火)」は、私の最新作です。お友達に誘われて宮島の水中花火大会に行ったのがきっかけで生まれた曲です。始めはヴィブラフォンを意識したわけではなく、ピアノで弾いていたのですが、旋律やハーモニーがヴィブラフォンにもよくあうことがわかり、ヴィブラフォンでの初お披露目となります。

 

ロータス・タンバリン インプロヴィゼージョン(即興)

ロータス・タンバリン 即興』は、敬愛するアメリカの女性ドラマー、レイネ・レドモンドが創始したタンバリン奏法を、自分なりに昇華して表現します。レイネ・レドモンドは2013年に61歳で亡くなってしまったのですが、一(いち)パーカッション・プレイヤーとして、彼女が残した遺産を受け継いでゆきたいと思います。

 

フィンガー・シンバルによるリズム表現

フィンガー・シンバルに初挑戦しつつ、リズムを全身で表現する実験的試みです。トルコでは「ジル」と呼ばれるこのフィンガー・シンバルは、ベリーダンスでも使われています。

 

『O dea ~女神讃歌~』 /ピアノ弾き語り

ラテン語の歌詞の歌曲です。

 

O dea

Deam vestram 

Tempus amor dea, 

O dea

Ave deae 

Occursum corporis nostri 

O dea

Default deae 

Ingere cordibus nostris 

 

私たちの女神

愛深き女神

女神の口づけは

私たちの体を満たす

女神の微笑は

私たちの心を満たす

 

・・・・・

 

日時:2016年11月6日(日) 

Open 13:00 Start 13:30

場所:天行院(広島市佐伯区)

出演:高木リィラ

前売り 1500円 当日 2000円 学生1500円

チケットお申し込み先:leela☆megami-net.com(☆を@に換えてください)

メールにてお名前、ご住所を明記の上、お申し込みください。折り返し、アクセス方法などの詳細をご返信いたします。

 

マリンバについての記事

www.studiorag.com

 

ビブラフォンについての記事

www.studiorag.com

音楽演奏に行きづまったらやるべきこと。 

音楽演奏で行きづまることは、楽器や歌をやっている人なら、どなたでも経験があると思います。

 

かくいう私も、学生時代に、テクニックの面でも、表現力の面でも、完全に行きづまってしまい、「もうこれ以上、演奏がうまくなることはないのでは」という、鬱々(うつうつ)とした気持ちで惰性的に練習することをなすすべもなく続けていました。

 

あるパッセージが難しくて弾けない。

たとえ弾けてもたまにしか弾けない。

大体は失敗する。

 

(かといってそれは人が弾けないレベルではなく、

自分よりテクニックがある人にとっては簡単。)

 

難しいテクニックが要求される曲は、いくら時間をかけて練習しても、どうしても人前で演奏するだけのレベルに到達しない。

 

私の打楽器の先生が、

「20歳くらいまでがテクニック上達のピークで、後はそれをどれだけ維持できるかというところになる」というお話をされていて、

「ああ、そんなものなのか・・・」と悲しくなったことがあります。

 

どんなに努力しても、テクニックはこれ以上伸びない。

その冷厳な事実を知り、自分の中で音楽が「楽」ではなく、「苦」に傾いてゆくのを感じました。

 

そして芸大卒業後、しばらくしてついに、音楽を完全に諦めることになります。

 

数年間、演奏もせず、練習もせず、好きだった音楽も聴かずに過ごしました。

その時していたのは、自分自身の体と向き合うこと。

 

音楽に希望を見出だせなくなって、体調も悪くなり、腰痛などに悩まされていた私は、弱くなってしまった自分自身の心と体を根本的に改造することに意を注ぎました。

 

その過程で、顔中にできていた吹き出物がきれいになくなり、

「若返った」と人から言われるようになり、

目に見えて不健康な状態を脱却すると同時に、

完全に捨て去ったはずの音楽が、再び舞い戻ってきたのです。

 

f:id:LeelaTakaki:20160918102324j:plain

 

それ以来、自分自身のうちなる声に耳をかたむけつつ、

音楽の演奏や作曲をコツコツと続けてきました。

 

弾けなかったはずの曲が弾けるようになったり、

それまではできなかった「作曲」や「編曲」ができるようになったり、

苦手だった初見(初めてみる楽譜をその場ですぐに弾くこと)ができるようになったりと、目覚ましい変化がありました。

 

音楽演奏の練習だけをしていた時は、どんなに努力しても越えられなかった分厚い壁。

 

しかし自分自身の体と向き合い、体の使い方を根本的に変えるべく努力することで、おのずから音楽演奏のスキルも向上していたのです。

 

音楽を演奏するのは「自分の体」であり、

その体の使い方を正しく学ぶことで、

演奏はもちろん、何をやっても効率よく、

最小限の努力で最大の成果を得られる。

 

「20歳を過ぎたらテクニックは向上しない」という常識を覆す、

体の改造の秘訣とは、

 

1. 正しい姿勢を身につける。

2. 身体各部に存在するこわばり、滞(とどこお)りを解消する。

3. 手先ではなく、体の中心(腰と腹の間)から起こした動きで演奏する。

 

すごく簡単なことのようで、実は一朝一夕でてきるものではありません。

日々の研鑽と努力、そして継続が必要です。

 

これまでは自分だけのものとして公開してきませんでしたが、
私がこれまで実践し、音楽演奏に効果があると確認できたエクササイズをご紹介するレッスンとワークショップを行なうことにしました。

 

それとあわせてこのブログでも、言葉で解説できることは、

お伝えしてゆきたいと思っています。

 

自分だけの秘密にしておくのはあまりにももったいない!

音楽を愛する人、

演奏に磨きをかけたい人、

越えられない壁を越えたい人、

 

音楽に限らず、ありとあらゆる芸道に欠かせない表現媒体である

自分自身の「体」を根本から変える!

 

それを実現するお手伝いをすべく、私も最大限努力します。

 

興味がある方は、leela★megami-net.com(★を@に換えてください)までお問い合わせください。