読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リィラの音楽時間

高木リィラのブログです。太鼓、マリンバ、ヴィブラフォン、パイプオルガンなどの演奏活動のほか、広島で「リィラ音楽教室」を開いています。「Leela(リィラ)」とは、サンスクリット語で「神の遊び」「宇宙的な戯れ」などを意味します。

音遊びコンサート、開催します♪♫

2016年11月6日(日)、

リィラ音楽教室にて、

『音遊びコンサート』を開催します。

f:id:LeelaTakaki:20160906233507p:plain

 

マリンバやパイプオルガン、

ヴィブラフォンやピアノ、

タンバリンやフィンガー・シンバルを使う予定。

 

まだ何をやるかハッキリ決めているわけではないのですが、

いろいろな楽器の音を楽しむことと、

「遊び」の要素を取り入れることをテーマに、

やってみようと思います。

 

このコンサートのもう一つのお楽しみに、

「聴くこと」をバージョンアップする方法を

その場で実践していただくという趣向があります。

 

たとえていうなら、

安物のマイクを、

超高性能のマイクに変えて

音を拾う、という感じ。

 

簡単な方法で、

耳をちょこっとバージョン・アップするだけで、

音の聴こえ方がまるで変わってしまうのです。

 

この方法は、誰でも、一流音楽家の耳を持つことができるという、

スゴイわざなのです。

 

・・・・・

 

興味がある方は、

leela☆megami-net.com(☆を@に替えてお送りください)

までご連絡ください。

 

誰からも好かれる音色、マリンバの魅力とは?

若い世代の音楽大好きな人々に人気のメディア、

「すたじおラグへおこしやす」に

記事を寄稿させていただきました。

 

www.studiorag.com

 

マリンバのことを知らない方にも、

その面白さ、音色の美しさを楽しんでいただけるよう、

試行錯誤しながら書きました。

 

記事の中では、

マリンバの魅力が堪能できる動画もご紹介しています。

 

f:id:LeelaTakaki:20160905185524j:plain

 

マリンバはピアノと同じように鍵盤が配列されているので、

ピアノ等の鍵盤楽器を経験されている人は修得が速いです。

あなたもマリンバを始めてみませんか!?

 

ロータス・タンバリンのグループ・レッスン、開始しました!

毎週水曜日の15:00〜16:30、

タンバリン(Layne Redmond Style)を使ったグループ・レッスン、

「リズム・デイ・レッスン」開催中です!


ロータス・タンバリン演奏 by 高木リィラ 〜リィラ音楽教室〜 Leela Takaki plays Lotus Tambourine

 

リズムは頭で考えてとるものではなく、

音楽を聴いていると体が自然に動く、

それが本来のリズムの感じ方。

誰もが本来持っているリズム感は、訓練することでどんどんよくなります。

音による瞑想、ヒーリングに興味がある方にもお勧め!

ロータス・タンバリン演奏を身につけたい方にもお勧めの大変おトクなクラスです。

リィラ式、リズム・レッスンとは?

◎左右の手、左右の足を個別に使える訓練をするため、「脳の老化防止」に効果的です!

スーフィーの旋回舞踊(※)を採り入れた、「リズム瞑想舞踏」も毎回行ないます。

◎体の内側でリズムの波を感じることで、自然に瞑想的意識状態へと導かれます。

◎タンバリンを使いながらのレッスンなので、タンバリン演奏が自然に身に付きます。

◎ほかの楽器をすでに学習・演奏されている方で、リズム感をもっとよくしたいという方にもお勧めです。

 

スーフィーイスラム教の一派)の旋回舞踊とは、音楽に合わせ、グルグルと旋回し続けることで、神との合一を目指すための踊り。リィラ音楽教室で行なう瞑想舞踏は、特定の宗教に関係するものではありません。

 

f:id:LeelaTakaki:20160828203627j:plain

参加お申し込み方法

◎毎週水曜日の15:00〜16:30に開催しておりますが、不定期にお休みさせていただくので、必ず事前(レッスンの2日前の月曜日まで受付)にメールleela@megami-net.comにてお申し込みください。

参加費

初回:無料

​2回目以降:1レッスン1000円(当日お支払いください)

詳しくは以下のページをご覧下さい(Aboutのページに教室のMAPがあります)。

megami13.wixsite.com

 

高木リィラのニューシングル『アポロンの巫女 2011 〜pythia〜』リリース開始!

本当に、久しぶりに、ニューシングルをリリースいたしました。

アポロンの巫女 2011 〜pythia〜』


アポロンの巫女 2011 〜Pythia〜 試聴MV 高木リィラ Music&Photo by Leela Takaki

 

この曲ができるまでのいきさつについては、

以下、特設ページをぜひご覧下さい。

トルコへの旅をきっかけとして産まれた曲です。

megami13.wixsite.com

 

試聴MVをご観照(鑑賞)いただくとわかるのですが、

この曲にはいわゆる歌詞がなく、

「チャント(詠唱)」としてのヴォイスがリズミックに重なり合っています。

 

約10分ある曲の間、ずっとチャントを続けていると、

だんだんトランス(超意識)状態になります。

超意識というのは、無意識とは違って、

瞑想とか、祈りの境地に近いものだと思います。

音楽は本来、人間の意識を高め、

QOL(人生の質)を深める作用を持つものでした。

 

そのような、深い意味での「ヒーリング」を意図して創ったのが本曲です。

<ヒーリング・トランス・ミュージック>としての

アポロンの巫女 2011 〜pythia〜』をお楽しみください!

 

ハイレゾ音源販売中です!

megami-marche.net

 

アポロンの巫女 2011 〜Pythia〜』

作曲・編曲・演奏・ヴォイス/高木リィラ

 

島時間 〜『ケラマ・グレイス』より〜

沖縄県・慶良間の風景とオリジナル音楽で綴る、

ホットなスライドショー。

『島時間 Island Time』。

慶良間、阿嘉島のビーチの波の音(現地録音)でスタートする、

今の季節にピッタリなスライドショーをお楽しみください。


ケラマ・グレイス 第2章 島時間 〜Island Time〜

 

『島時間 〜Island Time〜』

写真/高木一行&高木リィラ

音楽/高木リィラ

Photo by Kazuyuki Takaki, Leela Takaki

Music by Leela Takaki

f:id:LeelaTakaki:20160817224723j:plain

↑慶良間・阿嘉島のハイビスカス

 

いのちの巡礼紀行『ケラマ・グレイス』

ryugu555.wixsite.com

8月6日 平和祈念の音楽イベント ”ONE LOVE sessions 2016”

f:id:LeelaTakaki:20160810130946j:plain

音cafe Luckでのイベント「ONE LOVE sessions 2016」

大いに盛り上がりました!

 

f:id:LeelaTakaki:20160810131048j:plain

音cafe Luckのオーナーともセッションさせていただき、

店長Luckちゃん(ラブラドール・レトリーバーの女の子)にも会えて、

いろんな方との出会いもあり、

まさに「お祭り」の一夜でありました。

 

f:id:LeelaTakaki:20160810131441j:plain

フトゥヤラを吹く、三代目春駒さん。

 

f:id:LeelaTakaki:20160810131513j:plain

東京から公演で広島に来られていた、歌劇団プリマヴェーラの皆様。

 

f:id:LeelaTakaki:20160810131600j:plain

mew mew」というバンドの皆様。ボーカルのHibikiさんの美しい歌声!

 

f:id:LeelaTakaki:20160810131833j:plain

広島の大御所ベース&ボーカリスト、シローさん。

 

演奏者も、お客様も、一体となって溶け合う楽しいイベントでした!

ワンちゃんを同伴できるカフェ・バー、広島の「音cafe Luck」

先日のライブは、広島市中区の「音cafe Luck」

というカフェで開催されましたが、

ここがとても素敵なお店だったのです。

店長は、ラブラドール・レトリーバー

ラックちゃん(5ヶ月・女の子)。

f:id:LeelaTakaki:20160729192008j:plain

 

「ワンちゃんを同伴できるカフェを創りたい」という想いから、

このお店ができたそうです。

お散歩しながら、一緒にカフェ・バーにか入れるなんて、

動物好きにはたまらないお店です。

 

f:id:LeelaTakaki:20160729193201j:plain

そして、音cafe Luckのロゴデザイン(写真上)は、

「Luck」の「L」の字が、

ラック店長の横顔になっているのです!(Uは耳?)

 

お店全体の雰囲気がすごくお洒落で、

手づくり、無添加のお料理も美味しくて、

可愛いラック店長にいやされる!

 

広島にこんな文化度の高いお店があったなんて、

嬉しい驚きでした。

 

otocafeluck.theblog.me